So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイパー・メディア・クリエイターは英語とゴマ擂りが上手。 [Gallaryx]

おととい、UPしたショップの画像。

やっぱり気になったので、マネキンやらいろいろなものを削除しました。

以外に「ハイパー・メディア・クリエイター風」なちび慎!なのであった。tibising-of-the-ism.gif


てか、ハイパー・メディア・クリエイターと呼ばれる人たちってすごいのかすごくないのかよく分かりませんが、何人いるんだろう・・・

世界的、、、いや。
日本人のハイパー・メディア・クリエイターって何人いるんだろう??

分かるのは、「高城さん」っだっけ??
あの人と結婚した・・・なんだっけ、名前でて無い・・・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

っあ!でた!
「沢尻エリカさん」

ふ~~~危ない。
時代に置いて行かれる所だった。。。。


最近、おおいなぁ~、もの忘れ。

ほら、昨日忘れて困ったことすら忘れているよ。

まぁ~、このことも明日になったら忘れていくんだろうけどね!

そういえば!
昨日は新宿で以前一緒に仕事をさせていただいた「芸人・ぜんじろうさん」にばったり会いました。
その、ぜんじろうさんのHPの中のギャグコーナーってのがあってこんなのがあった。

「海外で、英語が通じず困ったことは無い、困るのは相手だ。」


面白い!!!

確かに、僕のオーストラリア人の友達、フレッド君も同じ事を言っていた。

最近、だんだん英語力が落ちてきていることを痛感・・・
と、言うよりもしゃべろうとすると、違う言葉が出てくる。

昔は、生きていく上での会話に困ることは無かった。
思い返してみると・・・

韓国語勉強し始めてから最初はこんがらがり、韓国語がある程度分かるようになってから、英語が消え始め。
今となっては、英語で答えようとしてるのに出てる言葉は「韓国語」である・・・


たとえば・・・
「Which though it wants to go to this place?」

「거기라면 이 길을 오른쪽으로 가서(コギラミョン イ キルル オルンチョグロ カソ)・・・ 」

こんな感じ、その場で理解できるのは、僕だけか、運よく相手が韓国人だった場合だけだから、しっちゃかめっちゃかである。

要するに、僕の左脳にある「言語脳」というのは新型BD-HDDではなくて、SDカード(512M)みたいなもので、要領が足りなくなると上書きされていく感じ。


~~~ここからは想像論です~~~



一般的には10歳ごろまでに覚えた言語は、忘れることは皆無で、逆に単語などを増やす事が可能だそうです。

なので、会社に入ってから覚える「取引先」への対応や上司などへの「ゴマ擂り」などの営業単語を覚えることが出来るらしい。
これは「第一言語」といい「基本」の言語なので脳が「プロテクト」をかける。

昔からドラマなどを見ていて、不思議な気持ちになっていた。

事故に遭い、ベットで目覚める主人公。
「ここはどこ、私はだれ」


いつも、こういうシーンなどでは「記憶がなくなっているのに、なんで日本語話せるんだ?」と、思っていた。

さっき書いたとおり、脳が「プロテクト」をかけているから記憶障害になっても忘れない。
まぁ~、だったら全てにおいて「プロテクト」をかければ?って話にもなるが、ここは長くなりそうだから、後日改めて書くとして。。。


だから、10歳以降に勉強しても、「静」のものではなくて「動」が基本で出来ているので、新しいものが入ってくるとどんどん、追いやられて、終いには追い出され行くんだと思う。

結局、僕がオーストラリアにホームステイしていたのも13~15才あたりの少しの間なのでね。
ここの、ステイ先の話もなかなか、長くなるので後日。

結局、今からまた英語を勉強しなおしても韓国語が消えていくからやめにして、韓国語もちょいちょいやっていこうかなと思う。


~ウルトラ・ハイパー・メチャメチャ・クリエイターになるザマス!の巻~終



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。